MENU

言語聴覚士(ST)求人について

言語聴覚士とは

言語聴覚士とはSTとも呼ばれ1997年に新たに新設された国家資格で、主に病院や老人保健施設、老人ホーム、障害者福祉施設などで就業し飲み込む、話す、聞く、表現するといった人間の持つ基本的な行動をリハビリをとおして向上させる役割をもちます。例えば生まれつき脳に障害のある脳性マヒの子供や他者とうまくコミュニケーションをとることが困難な自閉症児に対して早期に支援を行うことで本人の持つ言語・運動能力を最大限に発達させることができます。また小児だけにとどまらず、脳卒中を発症したことで脳に障害をもちうまくしゃべれなかったり、飲み込む力が弱いといった能力の低下に対しても個人の症状やレベルに合わせてプランを作成しリハビリを行い症状改善を図ります。近年では高齢者の増加に伴い加齢による嚥下機能低下に対して、口腔内マッサージや嚥下評価といったリハビリを行いその人らしく生きていくことができるように支援しています。ときに言語聴覚士は栄養サポートチームといった医師や看護師、管理栄養士、薬剤師とともにチーム内で対象者に対して評価、情報提供を行う場合があります。このように今後ますます言語聴覚士の果たす役割は大きくなっていくでしょう。

言語聴覚士の給料

言語聴覚士とは生まれつき聴覚に障害を持っていたり、脳卒中や高次脳機能障害により言葉がでてこず、書くこともできないといった失語症、疾患や加齢により食べ物を咀嚼したり飲み込むことが困難な状態である嚥下不良といったものに対して、医師の診断のもとプランを作成し評価・訓練を行う国家資格です。まだ資格自体が創設されて新しいものであることから日本での有資格者は約2万2千人と米国に比べてかなり少なくなっています。主な就業先は病院や老人保健施設、リハビリテーションを併設している老人ホームなどで約1〜2人が勤務している場合がほとんどです。リハビリテーションは日中に行われるため、基本的に夜勤業務はありません。給料面ではやはり就業先によってかなりの幅があり、約17万〜30万円とされています。年収ベースでは約300万〜450万円と夜勤業務がないことから少なくなっているようです。また、大学病院や公立病院では基本給は看護師と同額な場合が多いですが役職がつかないため昇給ベースが少なくなっています。今後ますます高齢化社会を迎えるにあたって、言語聴覚士の需要は高まっていくことが予想されており、給与面での待遇改善が望まれています。

言語聴覚士の仕事内容

言語聴覚士とは厚生労働大臣の免許を受けた国家資格でSTとも呼ばれ、先天性の聴覚障害がある場合や脳卒中により話すことや聴くことが表出しにくくなる失語症に対して、言語能力や聴覚能力を回復させるリハビリテーションを行う仕事です。また加齢に伴い食べることや飲み込むといった嚥下機能の低下に対しても口腔内マッサージや嚥下訓練をおこない機能回復のための支援を行います。対象年齢も小児から高齢者まで幅広く、小児では早い段階でのリハビリを行うことで発達途中にある能力を最大限引き延ばすことができます。言語聴覚士は私たちが普段当たり前のように話したり、聞いたり、表現したり、食べるといった行為が自然にできない対象者に対して、その人らしく日常生活を送ってもらえるようプランを作成し、様々な自助具や器具を活用しながら援助していくことが求められます。また近年ではチーム医療のなか、多方面の医療職と連携しながら個人を支えていく必要があります。例えば脳梗塞により片麻痺がある場合、どの程度の運動機能が残存しているのかや療養中の過ごし方など、他の医療職より情報収集を行いながら言語聴覚士としての仕事内容に反映させていく必要があります。

 

もっと詳しく知りたいという方はこちらの言語聴覚士ST求人を参考にしてみてください。